製法特許の解説

ホーム>製法特許

製法特許

製法特許

製法特許(せいほうとっきょ)とは、発明のカテゴリーが物の製造方法である特許のことです。
物とは、機械などの装置、電子回路、一定の生物、化学物質等を意味しますが、これらの製造方法の発明について、特許権を取得した場合、製法特許といいます。

製法特許は、通常いくつかの工程によって規定され、経時的要素を含みます。その製法を実施した結果、上述した物が製造されます。

例えば、ある機械の製造方法の発明について特許されると、製法特許となります。
しかし、方法を実施しても、物が製造されない場合は、その方法は、単純方法であり、物の製造方法ではありませんので、特許されても製法特許とはいいません。



スポンサード リンク

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional